本田明二作「朔風」像



北海道を代表する彫刻家、本田明二氏(1919-1989)の作品です。

法人と同じ名のこの像は、北海道自治労会館(札幌市北区北6条西7丁目)に設置されています。

 「厳しい北海道の北風に、木々は伸び悩み、捻じ曲げられ、枝はみな同じ方向に向いている。

それでも、少しずつたくましく成長を続けるエネルギー。そんな木を厳しい北風から守り育てて

ゆくのが若々しい女性であり、それはまた未来を象徴する。」と作者が語る、風上に立ち胸を

張る女性の姿は、そのまま法人の目指す姿を現しているようでもあります。



























































法人について


知的な障がいのあるお子さんを持つ母親の運動がきっかけで、昭和27年東京都に「手をつなぐ親の会」が結成されました。この動きは全国各地に大きなうねりとなって広がり、札幌市においても昭和34年に「札幌市手をつなぐ親の会」(後に「札幌市手をつなぐ育成会」に改称)が結成されました。

この育成会を母体にして平成14年に設立されたのが「社会福祉法人朔風」です。朔風とは「北風」を意味し、平成2年に札幌市で開催された全日本育成会全国大会のスローガン「福祉の風は北から」に着想を得ています。

誰もが住み慣れた地域の中で自分らしく安心して暮らし、社会参加をするための仕組みづくりと、これからの福祉のあり方について、北の街から発信していきたいという想いを込めた名前です。

障がいのある方のライフステージに対応して求められる多様なサービスの実現に向けて、制度だけでは担えない独自の事業を含めて取り組んでいます。


『障がいを負ったことは不運であっても、不幸ではない人生を送るために』























理 念


 ・利用者の意向を尊重した多様、総合的な福祉サービスの提供

 ・利用者個人の尊厳の保持

 ・自立した社会生活を地域社会において営むための支援


概 要


 法人名 社会福祉法人 朔風(さくふう)
 法人設立年月日 平成14年1月8日
 所在地 北海道札幌市中央区南19条西8丁目607−7
 理事長 船木 宏通